top of page
  • 執筆者の写真澤田みのり

冬至は“陽”の誕生日。落ちたら上がるだけマインドで前向きに!


クリスマスプレゼントを開ける女性

こんばんは😊

国際薬膳師・ピラティス講師 澤田みのりです。


今日は冬至ですね。

一年で一番陽が短く、夜が短い一方で、陽が生まれる日でもあるんです。


季節の変化は陰と陽の変化でとらえることができ、私たちの日々のマインドに当てはめることもできます。


「今日はもう、本当最悪だった!」「立ち直れない……」


そんなときに、この記事を思い出していただけると嬉しいです😌


冬至は“陽”の誕生日

「陰、極まれば陽となり、陽、極まれば陰となる」


ざっくり言うと、「落ちたら上がる」ということ。


こんな図を見たことありますか?

(ちょうどいい図がなく、私の手描きですみません😅)

陰陽の変化

これは、一年における陰陽の変化を表した図の一部。

水色の線が“陰”を表し、赤色の線が”陽”を表します。


春分の日を境に陽が上がっていき、陰は下がっていきます。

これは、夏至に向かって陽気が高まっていく様子です。


同様に、秋分の日を境に陽が下がっていき、陰は上がっていく。

これは、冬至に向かって陽気が低くなっていく様子です。


夏至の時期にどん底まで落ちた”陰”は、夏至を起点にして徐々に持ち上がっていき、冬至で頂点に達します。

冬至の時期の”陽”もしかり。


このように、季節の変化は陰と陽の変化でとらえることができるのです。


落ちたら上がるだけ

学べば学ぶほど魅了される、中医学の世界。

その中でも特に好きなのが、この「陰、極まれば陽となり、陽、極まれば陰となる」の考え方です。


自然界にはいつまでも同じ状態などはなく、上がったり下がったりを繰り返しながらバランスをとっています。

これは私自身のマインドにもいえると感じていて、どんなに最悪な状況もずっとは続かない。上がるまでは長く感じるかもしれないけど、落ちたらあとは上がるだけ。

そう思えると、今までより早く前向きになれる気がします。


年末の忙しい時期、大変なことも、焦ることも、いろいろな思いを抱えながら過ごしている方が多いと思います。

しんどいな〜と感じたときに、この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。


それでは、素敵なホリデーを!



閲覧数:26回

最新記事

すべて表示
bottom of page